自由が丘・自由日記


気の向くまま、ひとりごと。
by nattsu358
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

イカスミのパスタ


かれこれ12年前から時々通っている
大衆ピッツェリアが原宿にある。
今夜はそこに久しぶりに食べにいった。

原宿の街は、ぜんぜん変わっていなかった。
相変わらず人が多くて、若い子が多くて、
妙なやばい熱気がある。

引越して家が自由が丘になってから
原宿や表参道はめっきり行かなくなった。
裏どおりに今でも存在する私の古い実家は、
いまやリノベーションが施され、古着屋と化した。
パスタを食べる前に初めて中を見学した。
古い階段がそのまま使われていて、すごく不思議な気持ちだった。
祖母の代から使っている古いがわりとコギレイにしていた実家だったが、
変わり果ててしまい、なんだかお化け屋敷みたいに見えた。

ちょっと悲しくて切ない気分でお化け屋敷を後にして
大衆イタリアンへ向かった。
そこは相変わらずの大盛況だった。

前菜にカツオのカルパッチョ、生ハムとパルミジャーノのサラダ、
ピッツァ・マルゲリータ、
それに夫が大好きなイカスミパスタを頼んだ。
そこの店のイカスミパスタは、以前私たちが原宿に暮らしてた頃、
なかなかおいしくて、ほんとによく食べた。
それも自由が丘に引っ越す寸前にイカスミパスタが
美味しいことに気づいて、クセになった。

それからほかの店でも意図的にイカスミパスタを頼んだけれど
そんなにめちゃくちゃ美味しく感じなかった。
あの安さと盛りのよさが、私たちを虜にしたのだろう。

イカスミのパスタで口の中を真っ黒にして、白ワインを飲んで
ほろ酔い気分で店を出たあと、いつもだったら左に曲がる道を
今日は右に曲がって渋谷まで歩いた。
イカスミパスタを食べた後は、いつも5分で家の居間の畳の上に
寝そべることのできる近さだったから、
渋谷へまた向かうのが、すごく変な感じがした。
あんまり変な感じなので、途中スタバに寄って
アイス・カフェ・モカを外のテラスで飲んだ。
お盆のせいか、裏通りの原宿は、
人がものすごく少なく閑散としていて、
それがまた少し切なさを醸し出した。

この街で、私はほんとうにいろいろな人と出会い、お茶して、
よく飲んで、よく食べて、笑って、泣いて、別れて、
そしてたくさん歩いた。
数々のかけがえのない思い出が詰まった街。

表参道の風にゆれるケヤキの葉をみながら、
二度と戻れないという美しすぎて切ない感情が胸の奥からこみ上げた。
この街は、私の人生をすごく楽しくバックアップしてくれていた。
いつかは出なくちゃならないとは思っていたし、
そろそろあの街は住むには適していないなんて豪語していたけれど、
いざ結婚して出なきゃいけなくなったら、とても切なくなってしまった街。。。。

次にあの店のイカスミを食べる時は、
もっとさらりとした気持ちで食べるんだと思う。

お手軽な原宿のエノテカ ラ・ベルデ
http://gourmet.zubapita.com/item/200/i20960273/
[PR]
by nattsu358 | 2004-08-10 01:13 | 自由が丘散歩
<< aux amis トモダチ >>