自由が丘・自由日記


気の向くまま、ひとりごと。
by nattsu358
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

パリ回想 vol2 「rue du cherche midi」


ホテルに戻って、バスタブに浸かりながら
今晩ちゃんと眠れるかどうか少し心配になった。
シェルシュ・ミディ通りのアパートが、何度も頭に浮かんでしまう。
そこは最後に恋人と暮らした部屋だった。
二度と戻ることなんてありえない楽しかったことがたくさん起こった通り。

思い出しちゃいけないと、お腹の底の底のほうに封印していたコトが
一気に頭を駆けめぐる。
もう大丈夫だと思って、来たはずのパリだった。
だけど、まだまだ悲しみとか後悔とか寂しい気持ちが
自分の胸のうちに残っていたのを認めないわけにはいかなかった。
そういう辛い感情から逃げたり、押し込めていても本当に幸せにはなれない気がした。
何年もの間、心のなかで、ひとりぼっちで泣きつづけている私を、
これ以上無視しつづけることはもうできないと思った。

le 12 sept 2004
[PR]
by nattsu358 | 2004-10-12 23:36 | パリ回想
<< パリ回想 vol3 「雨のルーヴル」 パリ回想 vol1  「rue... >>