自由が丘・自由日記


気の向くまま、ひとりごと。
by nattsu358
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

水天宮


今日は、東京駅で母と待ち合わせて、
初めて新しくできたビル、丸の内OAZOでランチをした。
だんなさんも今日はお休みだったので、三人で水天宮へ安産祈願に。
戌の日も近づいているから、腹帯を受けにいった。

OAZOは、北口を出てすぐの目の前で、丸ビルへいくより便利。
どでかいMARUZENがはいっているのも気に入った。
お昼時ですごく混み合っていたので、AMARFI MODERNAという
イタリアンにさっさと入ってオーダーする。
お魚料理を頼んだんだけど、春らしい軽めの味でとってもおいしかった。
小ぎれいなOLさんやスーツでびしっと決めたビジネスマンで満員だった。
彼らを横目で見ながら、こういうきれいなところに、きれいな服を着て
毎日通う人生も、また楽しいだろうな、と思った。
だんなさんも同じことを、ちらっと口に出していた。
麻子やじゅん、みゆたちも、きっと東京ライフを満喫しているんだろう。

ランチを済ませたあと、大手町から半蔵門線で水天宮へ。
小春日和的な陽射しが暖かくってラッキー♪
妊婦らしく、エレベーターを使って神社へあがる。
手を清めたあと、「子宝犬」をみんなで撫で回し、
安産祈願の申し込み(¥3000)と、お守りつき腹帯セット(¥3000)を購入。
それから、母がすごく気に入って「へその緒寿箱」(¥10000)をプレゼントしてくれた。
きれいな着物をきたお人形のお腹に、へその緒の入った箱を入れるようになっていて
とてもかわいい。節句のときに、一緒に出して飾ったりするのだそう。

祈祷を待つあいだ、外に出してあった椅子に座って、
ひなたぼっこしながら三人でおしゃべりした。
ほんわかとした、とってもすてきな時間だった。
家族っていいな、とつくづく思った。
お腹のなかの赤ちゃんは、あったかい人たちに歓迎されて本当に幸せ者だ。

祈祷は、私たちを入れて3組で行われた。
戌の日は、ものすごい混雑するそうなのでわざと外して正解だったと思う。
フルネームを神主さんに言われるとき、不謹慎な私は、可笑しくって噴出しそうになったけど
すごく厳かで良い気分に浸れた。
いよいよ、産むんだ!という自覚が沸いてきたというか。(まだ先だけど)
だんなさんも、母も、わざわざ水天宮まで来て良かったねーといっていた。
私ももちろんそう思った。
だって、すごくご利益ありそうな感じがしたから。(妊婦さんにおススメ!)

終わったあと、タクシーでまたOAZOに戻り、
今度は隣に併設してある丸の内ホテルの上でお茶をした。
丸の内が一望できて、景色がいい。
サンドイッチやケーキと一緒にミルクティーを飲む。
ゆったりとピアノの生演奏なんて入っちゃってて、すごくいい感じ。
丸の内でお茶するとき、ここは使えるねーなんてみんなで話した。

4時に母と別れ、だんなさんと秋葉原で用足しして、
夜は彼が大好きな神保町「いもや」のとんかつ(うまいぜ)で締めくくった。
だんなさんと久しぶりに外でデートしたような気分だった。
よく食べ、よく歩き、よく笑った一日だった。
[PR]
by nattsu358 | 2005-02-28 20:34 | 今日のできごと
<< ドーナツ・プラント エピソード 「haru」 >>