自由が丘・自由日記


気の向くまま、ひとりごと。
by nattsu358
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

わたしの結婚式


3年前、わたしはバリ島で結婚式を挙げた。
お金のほとんどかからないちっちゃな簡単な結婚式。
入籍してから半年たってからのことだった。

その教会はジンバランに位置する
たぶん外国人向けに建てられたセレモニー専用の小さなチャペルで
わたしたち家族だけのひっそりとした30分のインスタント挙式だった。

結婚式には、レンタル衣装、ヘアメイクのほか
ブライダルエステ、聖歌隊の歌などが盛り込まれているパックだった。
式場までは、宿泊していたホテルまでの送迎も含まれている。

まず新郎新婦である私たちが午前のうちに
ピックアップされ、ブライダルエステサロンへと向かった。
わたしたちの格好は、短パンとTシャツ。
これから一生に一度の挙式をあげる身とは思えない格好。

さて気になるブライダルエステ。
この激安値でいったいどんな内容のエステがついているのか
疑問に思っていたのだけれど、やはりその不安は的中していた。

名もないような町ともいいがたい村の一角で
突然私たちを乗せたバンはとまった。

階段を上るとそこは誰もお客のいないひっそりとした美容室。
ガランとだだっぴろくて薄暗いフロアには
もう最近では見かけない頭ごとかぶるタイプのヘアドライヤーが
何台か並んでいて、とても質素な鏡と椅子がおいてあるだけ。

店員のこれまた質素な感じの女の子が
「こちらへどうぞ」
と私を奥の硬いベッドに案内してくれる。

そのとき店内に濃いめのメイクをした見知らぬ男が入ってきた。
顔を見るとバリニーズではない感じで
ジャワかタイの人なのか、とにかく完全なおかまだった。
メイクをしたおかまを、この島で見るのは初めてだったので少し驚いた。

そのおかま氏に、だんなが奥の部屋につれられていくのを見て
あまりの怪しさに思わず噴出しそうになる。
だんなもかなり笑いそうだったが、後ろ姿が不安そうだった。
一体だんなは何をされるのだろう?

一方、硬くて冷たいベッドに寝かされた私は、不安な気持ちのまま
バリニーズブライダルエステを受けることに。

まずホットタオルで顔全体を覆ってもらってから、マッサージが始まった。
なんのオイルだか、ねっとりとした懐かしい油の香りが漂う。
それは昔私が小さい頃に母親の使っていた
“コールドクリーム”(たぶんポンズ)という名のクレンジング剤の匂いだった。

それから毛穴の汚れを、信じられないような固い金属の
引っかき棒のようなもので、掘り起こされる。
一体何年前のエステ技術なのだろう。
しかし、小心者の私はまな板の上の鯉情態で断ることができない。
それからメリットみたいなシャンプーで洗髪してもらう。
シャワーはほとんど水だった。
されるがままの状態で、ブライダルエステが終わりほっとする。
引っかかれた鼻の頭が少し赤くなってひりひりしていた。

レジのところへ行くと、ひげと髪を短く切られただんなが
つるんとした顔でソファーに座っていた。
彼もなぜか噴出しそうな笑いをこらえている。

何かがおかしい。
やっぱり世の中すべてにおいて、価格に比例しているのだということを
改めて思い知らされる。
この時点で少しずつ後悔の念が胸をよぎる。

再び店をあとにしてバンに乗り込む。
おめでとう~と美容室の村娘たちに見送られる。
なぜか、例のおかま氏も私たちと一緒にバンに乗り込んでくる。

チャペルの事務所に到着し、
そこで着替えとヘアメイクが始まった。
おかま氏は、ヘアメイク担当のお兄さんだということがわかる。

私は東京から持参した、「こんな感じにしてほしい」という
見本の雑誌の切り抜きを彼に見せた。
髪の毛は、行きに寄ってきた台北で見つけたステキな美容室で
結婚式のためにショートに切ってきたばっかりだった。
ショートヘアに生花を飾る程度のナチュラルな感じのヘアにしたかった。

けれどもおかま氏はそのセンスがどうしても理解できない感じ。
彼は髪をアップにしない花嫁なんて見たことがないと言った。
つけ毛をつけてぐんと大人っぽいアップヘアにしたいと言い張る。
そして数々の彼が手がけたアジア各国の花嫁の写真アルバムを見せられる。
どれも一昔前の韓国女優といった感じで、私の思い描くイメージとぜんぜん違う。
一生に一度の結婚式、小心者の私も
さすがに意志を曲げるわけにはいかない。

いろいろ相談しあった結果、わたしの言う
ちゃんとショートヘアのまま、セットしてくれることになった。

そして、メイク。
私の雑誌の切り抜きは、ベージュ系のナチュラルメイク。
もうこれは写真どおりにしてくれと頼むしかなかった。

だけど、できあがった私の顔は能面、あるいは鉄仮面のように白く、
きっちりと濃いブラウン系のメイクがほどこされていた。
もうあきらめるよりほかなかった。
いわゆるバリ化粧。センスが根本的に違っていた。
もしかしたら彼はナチュラルメイクたるものを見たことも
聞いたこともないのかもしれない。

        ***

帰国後、結婚式の写真を見た親友が、
「これ、40代初婚のヒトじゃないよね?」
とからかって聞いてきた。
悔しかったけど、笑うしかなかった。

また、母は今頃になって

「リッツカールトンで結婚式挙げりゃあよかったよね、
あたしがお金出してあげたらよかった~。
なんで頼んでくれなかったの?」
(みんなでリッツに泊まっていた)

とさかんにいっている。
そりゃないぜ、おっかさん。

ていうか、こんな笑いものになるんだったら
いっそバリニーズ式結婚式に
すりゃあよかったよ!!
バリげしょうに、村人をお借りして、お神輿にかつがれ、
だんなも赤い口紅ぬってサ。
おもいきり笑えるタイプにサ。

一生に一度の挙式。
世の女性らが、なぜあんなに真剣に、ゴージャスに
取り組むのかを、身をもって知りました。
[PR]
by nattsu358 | 2006-03-19 16:04 | バリ島

パリの幽霊

1月の上旬に、母と岸恵子さんの写真展へ行ったとき
彼女の暮らすサン・ルイ島の写真が何枚もあって
昔アパートを探しに歩いた日々を思い出した。

           ***

パリの住居探しが複雑で大変なことは世界でも有名な話。
とくに外国人だといろいろな証明書類が必要で手がかかる。
私もご他聞にもれず、部屋探しには大変苦労した。
週に1度キオスクが開く早朝に、不動産情報誌を買って
めぼしいところを午前中いっぱいかけてチェックし、
午後はそこらここらに電話をかけまくり、
部屋の見学の約束をとりつけるという作業を
何週間か繰り返していた。
せっかく取り付けた見学をすっぽかされるという
情けないほど切ない日もあった。

私はパリに憧れて、パリに留学した普通の女の子だったので
歴史の古いサン・ルイ島に住んでみたかった。
そして、とてもよさそうな物件をついに見つけた。

だけど学校でそのことをドイツの女友達に話したら
「サン・ルイ島はお化けがいっぱい出て、友人がすごく
怖い思いしたっていってたよ」
といった。サン・ルイ島のお化けばなしは
ほかの日本人男子からも聞いた。

飾ってあった肖像画の少女が毎晩夢に出てきて
追いかけられたという。
霊感の強いクラスメートがいて、除霊してもらって
なんとか引っ越さないで済んだといった。

わたしも一度だけパリに暮らしているとき
お化けらしきものを感じたことはあった。
最初に借りたレンヌ通りに面したアパートだった。
当時ヘアメイクをしていた友人から又借りしてた部屋だった。
広い間取りでキッチンも家具も申し分なかったけど
なにか寂しい空気がいつも流れていた。
それは言葉で説明できそうにもないくらい変な寂しさであり、
どんな明るい音楽を爆音でかけても全くかき消すことのできない
静寂がどんよりと部屋じゅうに充満しているのだった。

で、どこにでも必ずでてくる「霊感の強い人」がある日その部屋を
たずねてくることになり、私にこう告げた。

「なっつさん。怖がらないでね。言ってもいいですか?」

そこまで言われたら聞きたくなくても聞いてしまうのが人間のサガでしょう。

「教えてください。この部屋はなんかあるんですか?」

「3人の霊がいます。ひとりは子どもで二人は男が一緒に住んでいます」

「・・・・・」

サイアクの気分だった。怖かった。
それでも夜は疲れきって熟睡してしまう自分の図々しさを
すごいと思った。
ひとりぼっちで外国に暮らす女の
お化けなんかに負けてたまるかという気合。


*****

ところで憧れのサン・ルイ島の物件。
私はやっとのことで見つけた物件に、わくわくしてでかけた。
恋人も一緒に住むかもしれなかったので、彼も付き添ってくれた。
彼は最初からサン・ルイに住むことには反対だった。

私はただのミーハー娘だったので、ちょっとすてきであれば
どこでも「ここが、いい」と二言目にいっていたので
彼的には心配もあったんだと思う。

私が暮らそうと思っていた部屋は、屋根裏部屋だった。
家賃のわりには広く、キッチンにカウンターがついていたり
暖炉がついていたり、すぐに気に入ってしまった。
窓から眺める中庭もすてきだった。
すぐにそこに住もう!と思ったが、ひとつだけどうしても
生理的にダメなものがあった。

それは屋根裏にいきつくまでの階段の踊り場にあった鎧。
昔どこかの戦で誰かが身に纏っただろう鎧が、佇んでいるのだ。
本当に気味が悪い感じがした。
恋人も気持ち悪がった。
もし夜中、家にひとりで帰ってきたとき
あの階段をひとりで上れるの?と聞かれ、私は考えてしまった。
階段は広かったけど、暗くてかび臭かった。
結局憧れのサン・ルイは諦めた。

     ***

パリの幽霊ばなしは、住んでいる間に何人かに聞かされた。
フランス革命のとき死んでいったたくさんの人の霊が
パリの街をいまだにさまよっているという。
パリスブルーといわれる、パリ特有の陰鬱さは
長い曇り空のせいだけではなくて、
そんな浮かばれない幽霊たちのせいなのかもしれない。
[PR]
by nattsu358 | 2006-03-18 16:56 | パリ回想

自由が丘でバリ島の空を見る

今しがた、ベビーカーを押しながら
ブックファーストとキミサワに買い物にいってきた。

今日の自由が丘は、曇り。
夕方からは雨が降るらしく、気温は高め。
外は少し春めいた暖かさだった。

スーパーを出て踏み切りにつかまっているとき
ふと空を見上げたら、
バリ島の空にそっくりだった。
これから雨が降りますよ、って感じの
低い雲が早い速度で動いていた。

どうってことのない、よくありそうな空の色と雲なのに
なぜか遠い国の空の下にいる感覚に
なるときがある。

あるときは、耳がつんざくほどの冷たい空気に
つつまれた朝に、
突然パリにいる感覚にとらわれたり、
部屋のなかからざあざあぶりの雨を見ながら
ベトナムの町にたたずんでいるような
錯覚に陥る。
それらはどれもここに居ながら味わえる
小さな旅のような心地よい感じ。

     ***

少しでも春めいた季節になると
私はすぐにバリ島を思い出してしまう。
そんな朝は、起きて一番にバリの人たちが
祈りにつかっている香を炊き、
静かな音でガムランのCDをかける。

暖かくなると、すぐにバリ島へ想いを馳せるようになってから
もう10年以上になる。
毎回の滞在が長期にわたるので、
そんなに回数は行っていないのだが
暖かくなるとバリ島に流れている特有の空気が
なつかしくてたまらなくなるから不思議。

最後にバリ島を訪れたのは、一昨年の5月から6月にかけてだった。
テガラランのカフェで、変わらないライステラスの景色を
眺めながら、大好きなアボカドジュースをのみつつ
気に入った本を片手にめくりながら、ぼんやりと過ごした
あの夏休みが懐かしい。
子どもを身ごもる前の最後のバリだった。

次回のバリは子どもも一緒だ。
今、私の足元でちょろちょろしているこの子といくバリは
いったいどんなものになるのかな。

ぜひちっちゃな手をいっぱい汚しながら
バビグリンを食べさせたい・・・
と思う今日この頃であります。
[PR]
by nattsu358 | 2006-03-16 15:00 | 自由が丘散歩