自由が丘・自由日記


気の向くまま、ひとりごと。
by nattsu358
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2005年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

レニエ


昨日は、久しぶりに家族三人で会えた。
楽しかったので、久しぶりにお酒を飲もう、ワインを飲もうと
いう運びになり、近所の酒屋さんで赤ワインを買い
ピーコックでチーズやハム類を買った。

ちなみにお酒を飲むと母乳も搾乳して捨てなくちゃいけない。

ワインは、おいしそうだったのでボージョレ地方のレニエにしてみた。
チーズはエダムとカマンベール。
ピーコックのドンクでバゲットとRF1で惣菜のサラダを買った。
久しぶり。

ボージョレのワインというとヌーヴォーのイメージが強いけど
私はこの村のワインがすきだ。
なんていうのかなぁ、昔ながらの製法で
まじめに作っているおじいさんたちのワインが結構多いのだ。
特にレニエの畑から生まれたワインはすきだったので
久しぶりにそのことを想いだせてうれしかった。

酒屋さんのワインセラーにも久しぶりに足を踏み入れた。
ワインの知識はもうほとんど忘れてしまったが、
ひんやりとした中に陳列されたちゃんとしたワインたちを見ると
気持ちが仕事をしてたときみたいな緊張感が生まれる。

レジで会計のとき、
酒屋のおじさんたちが、このレニエを気に入ったら
ぜひヌーヴォー解禁日は12時にうちにのみにきてくださいと
誘ってくれた。
ここの酒屋さんのご自慢の作り手さんらしい。
一本3000円とチラシに書いてあった。

日本のヌーヴォーのお値段は、かなり高くてほんとびっくりさせられる。
むこうだったらせいぜい300円とか400円のはず。
それいったらどうしようもないけれど、もっとほんとは
手軽なもんなのになーなんて思ったりして。

しかし、お祭り騒ぎが大好きな私としては
解禁日のわくわくをやっぱり味わってみたい。

それにしても毎年、毎年、「かつてないほどの晴天に恵まれ、
最高の出来栄え」とうたわれるボージョレヌーヴォー。
今年も本当に最高らしい。(笑)

ところで、ワインは3杯しか飲めなかった。
1年くらい飲んでいなかったので、本当に弱くなったみたい。
赤ちゃんを寝かしつけて、こそこそだんなと飲んだ久しぶりの一杯は、
禁断のもぎたての果物みたいにおいしく感じられた。

やっぱりワインていいよね。
[PR]
by nattsu358 | 2005-09-30 21:34 | 自由が丘散歩

最近の自分のこと。


この三週間、突然実家に帰ることとなり
インターネットもメールもできなくなってしまった。
おかげで子供との距離がより一層深まってきた気がする。
たくさん触れ合うことで、お互いにあったかい信頼関係が生まれてきた。
わたしは彼女を赤ちゃんとしてでなく
一人の人間としてお付き合いさせてもらっている。
彼女を本当に尊重していきたい。

とにかく昨日までは母に食事の支度から洗濯、
そうじまで全てやってもらっていたので
ほんとうに赤ちゃんの世話だけですごすことができた。
赤ちゃんが寝ている間は、友達に手紙を書いたり
ファックスを送ったりもした。

車で近所の図書館につれていってもらい
0歳児の絵本とよしもとばななさんとパトリス・ジュリアンの手紙式の
エッセイを借りた。
なんとなく暇つぶしにと思って借りて、だらだらと読み始めたんだけど
ものすごく今の自分に必要な大切なことがいっぱい書いてあった。

パトリス・ジュリアン氏のポリシーや理念とか
ばななさんのものの見方を読むうちに、
この人たちは本当に「自分を知っているんだな」と思った。

妊娠とお産という期間を通じて、今までより多くの
時間を得た私は、ここ数年本当に自分自身を
見失って生きていたことを痛感せずにいられなかった。
特に仕事と家庭生活に、たくさんの疑問を抱いていたにもかかわらず
それを見ようとしてのかった。
自分をぜんぜん見てこなかったのだ。
ほんとうはどうしたいのか。
長いあいだ周りの人たちの顔色ばかり気にかけて
周りの人たちの声にかなり流されて生きていた。
自分の声をぜんぜん聞いてこなかった。
それは年をとるごとに出てきた心のたるみとしかいいようがない。
要するに怠っていたのだ。
何か問題が起きたときに、自分がどう感じたのかを
きちんと考えぬいてこなかった。

この数年間、「自分らしさ」とか「私らしさ」って
小さな枠組みの中でしか通用しない目隠し状態というか、
ある意味「危険なもの」なんではないかと考えるようになり、
以来、すべてくるものを拒まずに受け入れようとしたり
自分の範疇でないものをどんどん積極的に取り入れていたんだけど
やっぱりその体験をした上で、もう一度
「自分らしさ」をもって生きることの大切さを思わずにはいられなかった。
かなり無理をしていたことに気づいた。
最初は、自分の狭い枠を取り払うつもりでそのような生き方を
実践してみたわけだが、きちんと自分自身の声を聞いてこなかったので
「流される」ような生き方になってしまっていたのだ。

子供ができなかったら、わたしはその間違ったやり方で
生き抜こうと必死にもがき続けてたかもしれない。

気づいて本当によかった。
気づいたんだから、丁寧に、根気づよく
自分の声を最優先にして、生きていく努力をしたいと思う。
これはなかなか今の自分にとってささやかな勇気がいることだし、
すぐには簡単にいかないとも思う。
大切なものを失いかけていた自分を少しずつ取り戻していきたい。

そういう気持ちを込めて、何人かの友人に手紙を書いたりした。

自分を知る、というか自分のこころをさぐっていく作業を怠ると、
人生も台無しになる気がしている。
もう何年もそういうことを怠ってきたので
またやり直していこうと思う。

自分を持つということは、勇気がいる生き方と思う。
[PR]
by nattsu358 | 2005-09-30 21:04 | 今日のできごと

乳くささ


毎日、乳まみれだ。
服もベッドもタオル類も、みんな乳のにおい。

さっき、乳を吸って、ミルクを足してやって
今はお昼ねタイムですやすや寝ている。
最近突然、ミルクの量が激増して驚いている。
ちょっと前まではげっぷをさせてやると
静かに頭をかたむけてクタっとしていたのに
最近は、クタっとせずに、ふぎゃーと泣き出して
頭を腕の上で振り出す。
「もっともっと!!・・・・」
ミルクが今までの分量では足りなくなってきたみたい。
あんなに小さい体なのに、こんなにたくさん飲んで
大丈夫なのかな?って思うほど。

毎日毎日、違う顔が出てくる。
昨日できなかったことが、今日はできるようになっている。
昨日より笑う表情がもっと豊かになったりね。
おなかにいたときみたいに
すごい速さで成長しているのがうかがえる。

おっぱいを吸っているときの上から見た赤ちゃんの頭が
日に日に大きくなっていくのを見るのもおもしろい。
昨日「いただきます」を見ていたら
うっすらした産毛頭とまあるい鼻の具合が
小堺カズキ氏に似ているように感じた。
いまやパパとなっただんなは、娘のおでこを見て、
電撃ネットワークのナンブ氏に似ているなんていっている。

そうこうくだらないことを書いているうちに
泣き声が聞こえてきた。
ベビーベッドに戻らねば。
[PR]
by nattsu358 | 2005-09-05 16:09 | 赤ちゃんと育児

出産三日前のできごと


出産三日前、築地で有名なお店にうなぎを食べにいった。
よくあの"でかばら”で、小さなカウンターの椅子に
こしかけて、男性陣と並びながらうな重食べたと思う。

そのあと、銀座まで歩いて、ついでに新橋まで歩いちゃって、
憧れのコンラッド東京でお茶をした。
服装がかっこわるくてちょっと恥ずかしかったけど
今度はいつこられるかわからないから、いってしまった。
それから、夜は調子に乗って
品川のラー博にいき、ずっと食べたいと思っていた
なんつっ亭に30分並んで食べた。

くたくただったけど楽しかった。

おなかに入っていた赤ちゃんもきっとすごく楽しかったと思う。

今、ベビーベッドですやすや寝ているのを見ていると
ほんとうに不思議な気持ちになる。
だっこしていると、胎動を思い出す。
とくに背骨をさわっていると、ここがおなかの右側で
ちょうど動いていたんだなーということが納得できる。
おもしろい。
そして、ちょっと懐かしい。
[PR]
by nattsu358 | 2005-09-04 20:22 | 赤ちゃんと育児

ハッピーバースデー!


7月30日、11時17分、無事出産しました。
ま、ま、まさかの分娩時間22時間。
うそでしょ。。。。。

20時間の陣痛&分娩時間2時間。

やっぱり年齢ってあるのかしらね。
いきみどころが違ってたみたいで、
あらゆるアクロバット的な体制をためしても
まだ頭がちょこっとしか見えないため、
最終兵器としてとってあったピンク椅子を使って
赤子をひねりだした。
ピンク椅子は、昔ながらのラーメンやさんにあったような
真ん中がまあるくあいているような形の分娩椅子。
見たことあります?

入院中、授乳サロンで集まった新米お母さんたち。
真夜中に眠い目をこすりながら、おっぱいをあげつつ
どれだけ自分のお産が大変だったかという「いきみ自慢」を
したんだけれど、ピンク椅子を使った人は私一人だけだった。
もちろん笑いのねたには最高になりました。

コメントを下さった3名の女性がた、
この場を借りてありがとうございます。

いやー、ほんとお産なめてました。
大変だった。
今でもときどき、夢のなかで陣痛が起こって
いきんでいる夢を見ます。

産後、1週間後、近所のハックドラッグにいって
スタバで禁断だったコーヒーを飲んで帰ってきたらへろへろに。
そのあと救急外来にいくはめになったのも今ではよい思い出?!
お産、なめてました。ほんとに。

でも、おとといから復活。
アカチャンをつれて、自由が丘をうろうろし始めました。
気に入っていたクイーンズ伊勢丹が14日で
閉店になるのはショック。がらがらにすいていてよかったのに!
東急は混んでいるからあんまり好きでないんだよね。
そうそう、新しくできたフォレストコーヒーで、ブレンドも飲むことができている。

ところで子育て。
最初はへろへろだったけど1ヶ月たってだんだんなれてきた。
1時ごろ寝て、授乳で三回起きながらも、
笑っていいとも!が始まるころまで寝ている。
我が家の子育て、あくまでもマイペース。

最初は、いろいろ気にしていたけども
やっぱりうちらしい子育てをやっていきたいと思う。
無理しないで、楽しみながら。

ああ、それにしても忙しいぜ!
かわいい、大変、かわいい、大変、かわいい、大変・・・
の連続で24時間が過ぎていく。

明日もブログいじれるかなー。
[PR]
by nattsu358 | 2005-09-04 20:02 | 赤ちゃんと育児