自由が丘・自由日記


気の向くまま、ひとりごと。
by nattsu358
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2005年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

台南大飯店


b0005864_1540105.jpg
私たちが台南で滞在していたホテルは、台南大飯店
駅から近いし、とてもきれいで良かった。
次に行ったときもぜひここに泊まりたい。
ここを拠点に台南をぶらぶらし続けた。
ほぼ右隣にモスバーガーがあって、朝や夜にコーヒーをのみにいけたりして便利だった。
モスは自由が丘でもコーヒーを飲みによく利用する。

ハプニング!
このホテルに結婚指輪を忘れてしまいすごく怒られた。えーん
[PR]
by nattsu358 | 2005-06-27 15:40 | 台湾

台南ひとり散歩


台南について翌日、相方が風邪気味で寝ていたいと言うので
ひとりで散歩に出かけた。
台南でも、食べに行きたいお店以外には、特に予定は立てていなかったので、
お寺巡りすることにした。


b0005864_1526370.jpg
台南の町並み。
とてもとても暑い午後だった。


b0005864_15262022.jpgお寺の紅い壁が美しい。


b0005864_15263425.jpg
お香の香りがたちこめていて、すごくアジアチックだった。
中国系のお寺を巡るのは初めてだった。
どれも有名らしいけれど、私が行ったときはたまたま人がほとんどいなかった。
一人でのんびりのぞいていたら、なにかの映画のセットの中にいるような気分になった。


b0005864_15264759.jpg

お寺巡りのあとは、近くのスタンドでパールアイスミルクティーを買って
ぶらぶらし続けた。

ものすごく暑い日だったなー。
[PR]
by nattsu358 | 2005-06-27 15:28 | 台湾

台南で食べたかき氷

b0005864_15132843.jpg
台南で食べたかき氷の味が、未だに忘れられない良い思い出となっている。
こんなに癒される氷ってほかにあるのかしら?
それくらいおいしかった。二日連続で通ってしまった氷やさん。
満里奈ちゃんご推薦のお店だ。


薄暗い市場の中にあるこのお店は、古くからずっとあるらしい。



b0005864_1571742.jpg

氷の下に甘く煮た豆類やフルーツが入っている。
細かくて柔らかい氷に包まれているって感じだった。
とにかく今までに食べたことのない激うまのかき氷だった。
店内に貼られていた満里奈ちゃんの写真とコメントに
わざわざ飛行機に乗って台南まで食べにきちゃうって書いてあった。
うん。それもうなづける気がする。



b0005864_15102148.jpg

こちらの写真は別のお店。やはり台南で人気のあるフルーツかき氷やさん。
土曜日の昼過ぎに行ったんだけど、学生さんでいっぱいだった。
歩道にせり出して椅子とテーブルが並べられていた。
暑い日中、戸外で冷たいかき氷を頬張る幸せ感。
楽しかったなー。
[PR]
by nattsu358 | 2005-06-27 15:11 | 台湾

台南へ


台湾へ行くときは、たいていバリ島とセットで行っている。
チャイナエアのFIXチケットで、東京→台北→バリを楽しむことにしている。

昨年は、滞在期間をバリより台湾を長くした。
なぜなら台南へ行きたかったから。
やっぱり寺好きの私としては、古都というものに惹かれる。
ごはんも満里奈ちゃん情報だと、とてもおいしそう。
粽に、かき氷に、カニおこわに・・・etc。
食べたいものいっぱいだ。

わくわくしながら台北を発った朝は、残念ながら大雨だった。
幸いホテルから駅が近かったため、そんなにぬれずにすんだけど
電車の冷房が寒くてまいった。
台湾は、ものすごくどこでも冷房が効いている印象がある。

台北から台南へは、列車で約4時間の旅。
電車の旅行って好きだなぁ。。。。

b0005864_1454256.jpg


b0005864_14541888.jpg

車内販売で買った駅弁当。
満里奈ちゃんは、本でまずそうって書いてあったけど
私たちは、素朴でおいしかったな。
日本のお弁当みたいなばりばり添加物の味がしなかったせいかも。
ぶた肉のしょうが焼き、味付け煮卵、青菜炒め、春巻き、ごはん。


b0005864_1458991.jpg

雨の中、車窓から見えた見知らぬ駅。
[PR]
by nattsu358 | 2005-06-27 15:00 | 台湾

おーマンゴー!


土曜日、マンゴーかき氷に青山でありつけた!
たまたま246沿いを歩いていたら見つけた行列。
そう、マンゴーかき氷のお店がオープンしたのだ。

700円のところをオープニング価格で350円で
食することができ、大喜び。
テイクアウトにしてもらって道ばたでスプーンでつついて食べた。

かき氷のほかには、、マンゴーヨーグルトやタルト、プリンなど
マンゴーずきにはたまらないマンゴーづくしのメニューがいっぱい。
台湾からやってきたらしい。
[PR]
by nattsu358 | 2005-06-27 14:40 | 今日のできごと

おわらない夏


b0005864_2352536.jpgひさしぶりにすばらしいエッセイに出会った。

「おわらない夏」小澤 征良 (著)

ボストン交響楽団の主任監督指揮者であった小沢征爾さん一家の
タングルウッドの夏の滞在の思い出をつづったエッセイ。
あまりにも生き生きと全てが描写されていて、
タングルウッドの自然の美しさにうっとりしたり、
読みながらおかしくて思わず声をあげて笑ってしまったり、
切ない感情が押し寄せてきたり、ラストはなんと号泣までしてしまった。
エッセイで、ここまで感情移入できちゃうなんてすごい。

美しくて、輝いていて、懐かしくて、楽しくて!
幼いときの夏の思い出って、みんな誰しもたくさん持っていると思う。

こんなに感動してしまったのは、小沢さん一家を何度か
近くでお見かけしているせいもあるのかもしれない。
以前、よく通っていたカフェに彼らもよくきていた。
征良さんを初めて見かけたとき、なんて素敵な女性なんだろうと思った。
ほんとうにきれいなんだもの。内面からでてくる本当の美しさや明るさみたいなものを
私は彼女にすごく感じた。
奥様もすごく素敵な方だった。
このエッセイによく出てくる弟さんもご一緒だった。
小沢征爾さんは、本当に気さくな感じの方で
そのカフェでワールドカップを大勢で観戦したりという嬉しいエピソードもあった。
なんか本当に素敵な家族なんだよね。
だから余計にこのエッセイが、じんと心に響いた。

小沢さんがタングルウッドにいる頃に、私も一度コンサートを見に行きたかったって
すごく思った。
いつかNHKで最後のタングルウッドの公演を特集しているのを見た。
そういう記憶も入り交じって、とてもラストは泣けてしまったのかもしれない。

あー、いい本に出会った!
[PR]
by nattsu358 | 2005-06-19 23:17 | ホン ノ ムシ

両親学級→冷やし中華→代官山&中目黒散歩


今日は、病院で行われている両親学級なるものにだんなさんと初参加した。
ちょっと照れくさい感じだけど、パパとなる人にも
ぜひ出産と育児のこと知ってもらいたいと思って。
うちのだんなさんは、かなり出産に対して積極的なのでありがたい。
ちなみにうちは立ち会い出産を希望している。

たとえば、毎晩風呂上がりの私の足・腰・お腹をマッサージしてくれている。
おかげで妊娠線はゼロだ。すごいと思う。
(まだ気が抜けないけど!)

お産の経過やペアで行うストレッチ体操、いろいろな準備と心構えなどを
初産婦さんが説明してくれて、グループになって話しをした。
みんな優しそうなだんなさんばかりだった。
クラスが終わったあとは、モーレツにお腹が空いたので
冷やし中華を食べに渋谷に出て、そのあとコーヒーショップでお茶をし、
中目黒まで散歩した。
とても蒸し暑くて、少々ばててしまった。
二人で散歩するのもあとわずか。
こうなってくると早く赤ちゃんにでてきてほしいと思う。

妊娠してから変わったこと。
それは私が夫を以前よりも信頼できるようになったこと。
短期間で、すごい変化だったと思う。
他者を本当に信頼するってどんなことなのか。
妊娠を通して、夫婦の信頼関係とか家族の絆が本当に深まってきたように思う。
そして、もっと相手を大切にしようと思う気持ちが増した。
いや、ほんとこれからなんだけどね。
でも確実に毎日はやってきて、確実に少しずつだけど必ず人は進歩しているんだと思う。
後退しているように見えるときでさえも、生きて、息をしている限り、
ひとつも後退しないで確実に前進しているんだと思う。
赤ちゃんのとても早い心音や、ものすごい早さで繰り広げられている
細胞分裂の経過を目の当たりにするたびに、常に物事が前進しつづけていることを実感する。
[PR]
by nattsu358 | 2005-06-19 22:38 | 今日のできごと

James Ensor展


b0005864_22195982.jpg先週の日曜、ジェームス・アンソール展の最終日に行ってきた。
おっきなお腹を抱えての展覧会は、ちょっと面倒くさかったけど、
今日しかもうない!と思って奥沢から電車に乗って
白金台まで出かけた。

久しぶりに出かけた一人の展覧会。
思えば妊娠してから一度も絵を見に行ったことがなかった。
今まで超アクティブだった自分が嘘みたいなこの9ヶ月間だった。
だって、映画も見に行ってない。
こんなに時間があったというのに。
もったいないっていったらもったいなかったのかも。
でも、ほんとに何かを見に街へ繰り出す気になれなかったのが事実。
とにかく無気力だったね。

この作家の絵は以前画集で見ていて、いつか見てみたいと思っていた。
そして、間近で鑑賞することができてとても満足した。
たくさんの見えないインスピレーションを頂いた気持ちがした。
私は難しいことはわからないけれど、絵からいつも作家の放っているパワーとか
インスピレーション(霊的な感覚)を受け取る感じで見る。
心で見るっていうのかな。
なんか絵を見ながら、またいろんなことを感じ、考えさせられた日だった。
そしてそれはとても良いものだった。
が、うっかりチューインガムをかんでいたのを注意され、がっかりする。
我ながら笑えるぜ。

それより、赤ちゃんはやっぱり私が好きだと思った絵の前で
もぞもぞと反応してくれていた。
「イイ感じ」の波動は、赤ちゃんにそのままダイレクトに伝わるみたいだ。

久しぶりの庭園美術館は、相変わらず素敵だった。
ここの美術館は、かなり好き。
あの香水塔を見るたび、美しさにハッとしてしまう。
階段を上るときも、照明の形も、窓から見える庭園の感じも。
あんなアールデコに囲まれた洋館に暮らすってどんなものだろうとつい夢想してしまう。
展覧会もいいけど、ここの佇まいにいつも心を奪われる。

絵を見終わったあと、庭園にちりばめられた椅子に腰掛けてぼーっとする。
帰りは、都立大までバスで帰った。
窓を少し開けて、景色を眺めたら、懐かしい夏の匂いがして心地よかった。
夏が好きだ。

私が帰った頃に、ちょうどだんなさんもかえってきて
近所の焼き肉やさんに連れていってくれた。
焼き肉やさんの隣の席に、偶然、私と同じ9ヶ月の大きなお腹の女性が座っていた。

タン塩、カルビ、塩ホルモン、カルビ、冷麺、キムチ、ごはん、サラダ・・・・!

だんなさんは一緒にアルコールをこの9ヶ月間やめてくれていたけれど
この夜は、たくさん飲んで、ほろ酔いかげんの真っ赤な顔でかわいかった。
帰り道、はいてたサンダルを子供みたいに脱いで投げたり、二人で遊びながら帰った。

おいしくて、まんぷくで、とてもたのしい1日だった。
お腹の赤ちゃんもにこにこ。
[PR]
by nattsu358 | 2005-06-19 22:18 | 今日のできごと

台湾で食べたかき氷・その1


昔からある「かき氷」。
今までは、そんなに魅力を感じる食べ物ではなかった。
でも台湾に出かけたら、すっかりかき氷の虜になってしまった!

ただ甘いだけのシロップをかけた日本のかき氷とは違って、
台湾のかき氷はトッピングされている果物や豆類、豆腐花など、
とても新鮮で、日本では味わったことのない素朴で美味なスイーツ。

b0005864_2127193.jpg
これ、マンゴーかき氷
台北の永康街をぶらぶらすればすぐに見つけられる有名店。
とっても混雑していて、路上にせり出したテラス席でたくさんの人たちが
夜遅くまでこのマンゴーかき氷を食べている。
食べてみて、その食べ応えのある大きさとうまさに感激。
マンゴー愛好家の私としては、ほんとに最高のデザートとなった。
何度でもリピートしたいお店。

■冰館 Ice Monster(ピンクァン)
住所 : 台北市大安区永康街15号
電話番号 : 2394-8279
営業時間 : 夏11:00~23:00 冬11:30~23:30
[PR]
by nattsu358 | 2005-06-19 21:40 | 台湾

あちゃ。


週末、あちゃが泊まりにきてくれた。
おいしい高級マンゴーやシュークリームなど手みやげを持って。
一方わたしは仕事を終えたあと、豚しゃぶの仕度をして、
エビとアボガドのサラダなんぞ作って、あちゃの帰りを待つ。

独身時代は、ほんとうちによく泊まりにきてくれたあちゃこ。
ニースに住んでたときも、手紙の中に味付けのりをなにげなく
しのばせてくれていたり、すごい大きなリュック背負って
ニースのアパートに遊びにきてくれ、
何が入ってるのかと思ったら、私のために和食をいろいろ
詰めてもってきてくれたり、
初めての下北沢一人暮らしのときは、朝早くから
引っ越しの手伝いまでしてくれた人。

彼女の優しさと思いやりには、いつも驚かされ、感激してしまう私。

何年経っても、こうして忙しい日常の合間をぬって会いに来てくれる
友達がいるってことに改めて感謝してしまう。
特に今の私の話題といったら地味な妊娠生活しかないし、
退屈させてしまうかなーなんて思っているわけだから余計に・・・。

なんだかんだ言いながら、朝五時まで語り合ってしまった。
朝があけていくのを見ながら、こんな風に遊んだのは本当に久しぶりだと思った。
翌日は、近所のパームスカフェで遅い遅いランチを食べながら、
あちゃは生を、わたしはノンアルコールビールで乾杯した。
(ここのピッツァが好き)
そして、パリ・セヴェイユでケーキを買って再び家で紅茶飲みながら雑談。

お子が生まれたら、なかなかこんな風にはいかないだろうねって
しみじみ話してたら、不覚にも二人してちょっと涙ぐんでしまった。
彼女と出会ってからこの15年間、数々のお戯れの思い出が彼女とは多すぎて。
ほんとにほんとに楽しかった。

彼女と二人で温泉でも行って枕を並べられるのは、今度はいつなんだろう。
そう遠くはないと思うけど、ちょっとセンチメンタルな感情になった。

互いの環境が変わってもずっと大切にしていきたいと思う人。
そう思える人が、一人でも二人でもいてくれることに、また感謝してしまう。


■パームス・カフェ
palms cafe 自由が丘
TEL:03-5731-3903
営業時間:11:30~24:00(L.O23:30)
年中無休:OPEN 365DAYS


■パリ・セヴェイユ(ケーキ&喫茶)
東京都目黒区自由が丘2-14-5
03-5731-3230
[PR]
by nattsu358 | 2005-06-06 16:11 | 自由が丘散歩