自由が丘・自由日記


気の向くまま、ひとりごと。
by nattsu358
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

東京の遊歩道


木曜日まで母のいる田舎の家に帰っていた。
千葉なんだけど、周りに田んぼと小高い丘しかない”ど田舎”で、
最高に気持ちいい。夏にくるとバリのウブドにいるみたいな風景。
親たちは7年前に仕事を全部リタイアして、その家に引っ越した。
お金をかけて井戸を掘りあて、ミネラルたっぷりの水で暮らしていて、
毎日、家の雑事やお稽古ごと、祖母の世話で何かと充実した
カントリーライフを満喫しているみたい。
ずっとずっと働いて、今まで苦労してきた母をみてきたので、
本当に幸福な晩年で良かったと思う。

千葉の家に帰っていて、三度の食事の支度をしてもらい、
掘りごたつで編み物しながらふんぞりかえり、
田舎の美味しい空気を吸って、ものすごくリフレッシュできた。

田んぼのための小さな小川が流れていて、
そこの土手を母と二人で、毎日お昼の11時から1時間ほど歩くのが日課。
風は冷たいけれど、お昼の太陽の光はぽかぽかしていて気持ちがいい。
周りには人っ子ひとり歩いていない。
自由が丘では、妊娠してから一人で歩くのがすごく億劫だったけど、
千葉にいくと、家にいるのがもったいなくて自ら歩きたくて、身体がうずうずした。

一歩一歩スニーカーで踏む土のぽくぽくした感触が、たまらなく気持ちヨカッタ。
土の上を歩くと、どうしてあんなに疲れないんだろうか。
1時間というと、結構な距離と思うんだけど、のどかな田園風景をみながら
歩くとあっという間に感ずる。

ラッキーなことに、その散歩中、
小川のそばで“幸福の青い鳥=カワセミ”を二日連続でみることができた!
ものすごくきれいな空色の羽は、黄土色の田んぼの中で際立って見えた。
母も7年間住んでいて、まだ2度しか見かけたことがないので
すごく珍しいと言っていて、ついてる気がして嬉しくなった。

東京に戻ってきてから、気に入った散歩コースを見つけることができた。
近所の桜並木の遊歩道。今朝も歩いてきた。
東京だってなかなかいいって思える土の上を歩くことのできる遊歩道。
一人で歩いているといろんな思考がめぐってきては、また去っていくのがわかる。
今日気がついたのは、私の内面は、いつも不安と幸せの波が交互に押し寄せているということ。
赤ちゃんに悪いなーと思いつつも、それが事実。
だけど歩き続けるうちに、そういった思考から解き放される時がくる。
汗といっしょに。身体を動かすって本当に大事だと思う。

途中、赤ちゃんに道ばたの草花を見せてあげたり、ひなたぼっこしている猫を
見せてあげたりすると、なんとなく喜んでいる感じがある。
池川クリニックの池川先生によると、
赤ちゃんは、へその穴から外をみているらしい。
生命の神秘!
[PR]
by nattsu358 | 2005-01-31 13:11 | 今日のできごと

ニースからのメール


今日はニースに住む友人Yさんからメールが入ってた。
彼女はニース歴がもう長く、結婚し、今はお子さんを育てている。
かわゆい女の子ちゃんで、昨年9月に遊びにいったとき
初めてお会いすることができた。

旧市街のロセッティ広場のカフェで
彼女は走り回っていた。街の人気者らしく、たくさん近所の
子供たちとがんがん走っていた。
一方で友人は、走り回る娘を追いかけるのに必死な模様。
大変そうだったけど、すごくほほえましかったっけ。

そんなYさんは、つわりでブルーがちな私をメールでいろいろ励ましてくれる。
ものすごく遠く離れている古い友達から、癒されている。

彼女はつわりのときは、普段ぜったい食べないマックのナゲットを
モーレツに食べたと言っていた。
また、彼女のフランス人のお友達は、妊娠中、
朝から濃いエスプレッソに、エスカルゴを食べまくったという。
私も一時ポテトチップを食べたくなった時、
フランス人が食べづわりのときはどんなもんが食べたくなったんだろう?と
ふと疑問に思っていたので、これを読んで笑った。
朝からにんにくとオリーブオイルたっぷりのエスカルゴってスゴイ。

食文化っておもしろい。
きっとタイとかインドネシアの女性とかも、
おもしろいもの食べたくなったりするのかなー?と考えるとおもしろい。
私はアジアの食が大好きだから、どんなものを食べたくなるのか
ぜひ聞いてみたい。ミーゴレンやナシゴレンをみたくもない日もあるのかな。
アヤムゴレンをモーレツに食べたくなったり??謎。

アジア、といえば・・・・。
今想うのは、やっぱり年末のあの大惨事のことばかり。
大好きなアジアの島々、大陸で、たくさんの人の命が亡くなったと思うと本当に辛い。
特に自分や自分の周りの人たちも、たくさん出かけている方面なので人ごととは思えない。
人間には、青森のお猿さんたちと同様、ふつうに生きていると天敵がいないけど、
やはり自然淘汰からは逃れられない運命なのだと思う。

青森のお猿さんと村の人々のこと、どちらを思っても胸が痛む。

そうそう、ニースのYさん。
日本の教育事情に、ただただ驚いているとメールに書いてあった。
日本の友人たちの子供は幼い頃から、プール、英語教室、進学塾・・・など
あらゆるお稽古ごとをしているという事情に。
確かにヨーロッパでは考えられない子供のスケジュールだと思う。

うちの近所のコンビニでは、連日夜遅くに塾帰りの子供たちが
添加物たっぷり、保存料たっぷりの悪いモノを食べて、飲んでいる。
コンビニは子供たちの憩いの場なのかしら。
都会の子供たちは、ものすごいストレスの中で生きているように見える。

できれば私は自由が丘を出て、空気のきれいなところで暮らしたい。
もちろん子供のためにも。
素朴なものを食べて、自然に触れながら育った子は幸せと思う。
これ、東京生まれ、東京育ちの私がつくづく最近感じてること。

まあ、いろいろこのようなことをつづって、Yさんへ返す。
送信ボタンを押しただけで、
遠いニースの街に私のメールが届くのかと思うと、なんとなく嬉しくなる。
[PR]
by nattsu358 | 2005-01-30 13:06 | 今日のできごと

反省文 ハワイ


b0005864_19333318.jpg
「反省文 ハワイ」山口智子著 ロッキンオン 

今読んでいる本です。
ダン・ミルマンの「聖なる旅」に続き、
なぜかまたハワイものに手を出してしまいました。
(ちなみに”聖なる旅”はものすごくレアなスピリチュアル冒険が楽しめた)

すごいおもしろい!本当のハワイ探しにわくわくします。
そして、ハワイの失った歴史や自然・・・切なさもすごく感じます。
山口智子さんのさっぱりして潔い性質が
そのまま文章に現れている感じで。
そしてわたしも本当のハワイが知りたい!
そんな衝動にかられてしまう。

ハワイは、特別すき!って場所でもないのですが
(ハワイ島を旅行中に倒れたことがあるし)
やはりまた行きたいって思うところ。
だってものすごく風が気持ちいいんだもの!

一昨年、結婚して初めてだんなさんと衝動で出かけた
ホノルルの旅は、最高に楽しかった。

来年1月、仕事がらみでホノルルへ行く予定が入っている。
がんばって赤ちゃんも連れていきたい。
[PR]
by nattsu358 | 2005-01-21 19:30 | ホン ノ ムシ

歩く


今日のイベントは、整体。
なんて地味なんだろう~。

昼ぐらいに起きて、トーストと目玉焼きとソーセージとりんごを食べた。

それから学芸大学まで歩く。
ぴったり30分くらい歩いた。
帰りはいつものタクシーを我慢して、歩いて帰ってきたので
今日の歩きは1時間。

ついでに碑文谷郵便局で、昨日恭子さんにしたためたお手紙を出す。
それから免許証の住所書き換えも碑文谷警察署で完了。

満足。

帰りに八百屋に寄ったら、いつもの姉さんが
ルッコラをおまけして袋に忍ばせてくれた。ラッキー!
5時頃、ショートパスタを茹でて、トマトソースで和えて食べた。
それとグレープフルーツ。おいしかった。

今夜はこれから大根と鶏肉を煮ようと思う。

15年ぶりくらいでカルピスウォーターを買ってしまった。
今飲んでるんだけど、ものすごく甘くてびっくりしている。
こんなに甘かったっけ?糖尿になりそうなくらい甘い。
だけどぐびぐびいけちゃうから怖い。
カラダさんが乳酸を欲しているのかな?
[PR]
by nattsu358 | 2005-01-21 19:12 | 今日のできごと

紅茶


さっき、思いっきり紅茶を飲んだ。
あんなにうまいものなのかと思った。
昨年、母とパリの4区に出かけたときに寄った
マリアージュフレールで買ってきた紅茶だ。
そろそろ賞味期限と思うんだけど。

おいしかった!

とっても、いやなんだけど、気がついたら一口飲んで
目を瞑っていた!こわい!こわすぎる。

陶酔。

それくらい、紅茶をありがたく味わってしまった。

本当に欲していたんだと思う。
ミルク抜きの飲み物。
ハーブティも鼻につく。
いったい何を飲んだらいいの?わたし・・って感じだった。
いや、今までも何度か紅茶を飲んではいるんだけど、
今日ほどストレートに、がっつりと熱い紅茶を飲んだのは久しぶりだった。

オレンジの紅茶の香りを深く深く吸ったら、
パリで母と飲んだ紅茶のことを思い出した。
また行きたいなぁ。なんだかもう遠い。

マリアージュ・フレールに行くと
オレンジ・アメールというオレンジピールの入ったものと、
それとモンテーニュ・ドールというお花の香りの紅茶を買う。
ときどきマルコ・ポーロ。
カシスやフランボワーズの香りのするベリー系のお茶もすき。

この前パリに行ったとき、紅茶ずきの母を連れて
マドレーヌのフォションへ初めて行った。
貧乏学生だった私は、フォションなんて行ったことなかったから
期待していたんだけど、母も私もなんとなく好きになれなかった。
なので、翌日、マレでピカソとカルナヴァレ美術館へ行ったあと、
マリアージュ・フレールへつれていってあげた。
紅茶も店内の雰囲気もゆったりしていて、とっても良かった。
母も気に入ってくれていた。

自由が丘にも美味しい紅茶やさんがある。
セント・クリストファーというお店。
お庭のガーデニングがすてきで、ちょっと高級感がある。
もちろん、最近は行っていない。

○st christopher(紅茶専門店)
〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-24-14
TEL: 03-3717-1140

[PR]
by nattsu358 | 2005-01-18 20:13 | 自由が丘散歩

冬そうめん


1月のさなかに、そうめんを茹でるのは生まれて初めてと思う。
あと30分もしたら、お腹がすいてまたつわりがやってくるので
そろそろ先ほどクイーンズで買ってきた、手延べそうめんを
茹でる予定。

あときゅうりのサラダと、豚肉のしょうが焼きをささっと焼く。
はっきり言って、夏の昼メニューって感じ。
さっき、水菜とりんごのサラダを作って、まだ冷蔵庫に残っているのに
もう違うアイテムを食べたくなる自分がちょっといやになる。

エンゲル係数増えすぎ。

そして、そうめん食べたい!って思って買ってきたのに、
今はむしょうに白いごはんが食べたくなってきているのはナゼ?

昨日買ってきた布団乾燥機は、8600円だった。
だんなさんにセットしてもらい布団を半年ぶりで乾燥させた。
お布団をお日様に干すスペースがないのは辛かった。
70分乾燥させて、お布団にもぐりこんだら
ものすごおーくあったかくてほっかほか。至福の喜び!
最高、布団乾燥機!
今夜は、あたためボタンをセットしてから寝ようと思う。

最近、自然食品店巡りをひとりでしている。暗い。
今日は初めて家の裏手にある「高知屋」というお店に行ってみた。
今、モーレツに気に入っているピーナッツバターが切れそうなので
いってみた。駅前の「F&F」に比べ、自然度がもっと本格的な感じで、
極めている品揃えだった。
今度ソースやマヨネーズを買うときは、ここに来ようと思う。
お値段も決して高くなかった。使える。
ただ、本格的な高麗人参みたいなにおいが店内に立ちこめていたのは
ちょっときつかった。さっすが!みたいな。
レジにはやっぱり本格的な感じの自然派の男性がたっていた。

明日は、義理のお父さんに夕飯を作ってあげる約束をしている。
子供ができてから、毎日電話をくれる父さん。
嬉しいやら、面倒くさいやら・・。でもやっぱり暖かくてありがたい。
先日、通っているゴルフ場で、ホールインワンを獲得したと大喜びだ。
[PR]
by nattsu358 | 2005-01-18 19:53 | 今日のできごと

さぶーい


さむい、さむい、さむーーーいよー!
冬はとっても苦手だ。
5時に暗くなるのが特にいやだ。

これからヤマダ電気にいって布団乾燥機を買おうかと考え中。

はやく春にならないかなー。
[PR]
by nattsu358 | 2005-01-17 18:12 | 今日のできごと

フィレンツェ回想


つわりが始まって、気分が悪いときは
昨年出かけたフィレンツェを思い出すようにしている。

とくに目に浮かべるようにしているのが、泊まっていたホテル・バリオーニの
屋上から眺めた、夕暮れ時のフィレンツェの景色。
太陽がかげってきて、涼しい風が吹いていて、
すごく気持ちよかった!

気持ち悪いときに、気持ちよかったことを思い出すと乗り切れそうな気がして。
それはいやなことがあったとき、一番楽しかったことを思い出すような感じで。

あのときのフィレンツェは、ぜんぶ桃色がかったオレンジ色だった。
こーーーんなにきれいな景色ってすごいと思った。

屋上はレストランのテラスになっていて、
夕暮れのフィレンツェの街を眺めながら
食前酒を楽しむカップルがいくつかいた。

私はひとりで一番高いテラスの細い階段をのぼって、
何にも飲まずにただボーーーっと景色を眺めてた。

ああいう時間、今から思うとめちゃ貴重。
この32年間、ほんと好き勝手やってきたなーと思う。
これから、あのような時間がなかなかもてなくなるのかと思うと
たまにゾっとする。
大丈夫なのか、私にはできるのか、ちゃんと??みたいな。

赤ん坊を連れて、どこまで好き勝手できるのか?

ヨーロッパに住んでる友達は、結構赤ちゃん連れて飛行機乗るし
どこにでも出かけてる。
ああいうのみたり聞いたりすると、元気でる。

問題は、私自身に体力とバイタリティーがあるかどうかってこと。。。
[PR]
by nattsu358 | 2005-01-15 21:10 | フィレンツェ

なにもなし。


今日のできごと。
なにもなし。

-完結-

起きてご飯食べて、ごろごろして、またご飯たべて、
買い物行って、料理して、ご飯食べて、
久しぶりにメールチェックして、ブログを開く。

やまちゃんからメールがあって
青山でフレンチ食べるからこないか、と誘われて
気持ち的にはすんごく行きたかったけど
カラダが全く反応しなかった。

ざんねん!

はやく遊びに出かけたい。

最近、南口のそばのスコーンがおいしいカフェに
毎日いっている。
紅茶はカフェインが入っていてやめていたんだけど、
そこのハーブティーには、いつも少量の紅茶が入っていると思う。
でもおいしいので飲んじゃっている。
あんまり禁欲するのもよくないよね。うん

やっぱり牛乳はつらい。
ぜんぜん今までさけていた食品だったのにさ。

ついこの前まではカフェも全く行く気がしなかったので
だんだん普段の私に戻ってきたんだと思う。
友達にも全然あっていない。

三日前は、久しぶりに自由が丘を出て、だんなさんと二子玉へ行った。
紀伊国屋で立ち読みしたり、デパートをぶらついたあと、
やっぱりすぐにお腹がすき始めてしまい、
久しぶりにつばめグリルでハンブルグステーキを食べた。
ほんとは緑寿司にしようって言ってたんだけど
どうしても私が「肉モード」に入ってしまったため、
だんなさんはぶーぶー言いながら、承諾してくれた。

生魚が最近だめになっている。
[PR]
by nattsu358 | 2005-01-15 20:58 | 今日のできごと

散歩


夜中、必ず吐いてしまう。
明け方、やっと安眠できるという日が続いている。
寝る前にヨーグルトにプロテインを混ぜて食べたけど、
やっぱり3時ごろ、嘔吐。
胃が空っぽになると、吐き気が襲ってくる。

        ***

毎日、散歩に出ることを心がけている。

さっき、お昼を食べたあと、ふらっと家を出て
あてもなく近所を散歩した。
うちは、自由が丘と緑ヶ丘の間なので
とくに周りに何もなく、典型的な住宅街という感じ。

急に思いついたようにマクロビカフェにでもいって
ハーブティーでもすすろうかと思ったけど、
なんとなくお日様の光が照っている道を選んで
歩いていたら、お寺を見つけた。

立源寺というお寺だった。
境内を入ると、右手奥に大きくて立派な鐘を見つけた。
いつも午後5時になると、鐘の音が聞こえていて、
いったいどこのお寺の鐘なんだろう?とずっと思っていたから
この発見にちょっとうれしくなる。
梅の花も少しだけ咲いていた。
これもちょっとうれしかった。

ひまだ。

かつてこんな暇な日々があっただろうか。
物心ついてから、なかったと思う。
今年の冬は、自分に優しい感じがする。

そのあと、図書館へ行った。
本すら読む気がおきなかったので、少しはやる気が出てきたのかな。
ダン・ミルマンの「聖なる旅」と、安西水丸の「花の咲いている場所」を借りた。
今日はこれから読書。
[PR]
by nattsu358 | 2005-01-09 15:18 | 今日のできごと