自由が丘・自由日記


気の向くまま、ひとりごと。
by nattsu358
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2004年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

偶然の友達


昨年、新婚間もないころ、
突然、見知らぬ誰かから一通の手紙が届いた。
女性からだった。

朝、青山のカフェにだんなと茶を飲みにいった時、
どきどきしながらそのナゾの手紙を開けた。

なにやら、古本屋で買った本のなかに
私の名前と住所の書かれたメモ書きが挟まれており、
すごくすごく気になってしまい、思い切って
手紙を出してしまいました・・・という内容だった。

どびっくり!

またまたその本がちょいとスピリチュアルな内容の本だったもんで、
余計、「何か」を感じたらしい。

その女性は私より2つ年上の看護婦さんだった。
どんな人かなーと思いながら、初めて会ったのは、神宮前のカフェだった。
落ち着いた感じのすてきな人だった。
お互いわからないけれど、すぐに仲良くなってしまった。
仲良くなったといっても、べたな付き合いとかじゃなくて、
落ち着いてお話できる、心地よい感覚。

彼女とは一年半前に出会って以来、合計十回も会ってないけれども
すごく会っていて、疲れない人。
こんな出会いもあるんだねー、と不思議なご縁に感謝した。
お互い一人っ子っつーのも、意気投合した理由だったかもしれない。

そんな彼女から、ヨーロッパにいっている間、メールが入っていた。
仕事をリタイアして、郷里に帰るとのこと。
その前に一度会いたいと連絡をくれた。

今日、雨の中、彼女と会うことができた。
自由が丘のカフェで、近況とこれからをざっくばらんに話した。
すてきなカードを私にくれた。
「自分自身があなたにとって一番の友人です」みたいなことが
書かれているメッセージカード。。。。
大切な言葉だった。今、自分にとって一番必要な言葉のような気がした。
近所だからすぐに会えると思って、連絡がまめにできなかったけれど、
いざ遠方に行ってしまうと思うと、なんとなく切なくなる。
カフェのテーブルで、記念の写真を二人でとった。

自由が丘の駅で、ばいばい、と抱き合った。
また必ず近いうち会おうと。

たくさんたくさん人のいるこの東京の雑多のなかで
こんな風に出会える人がいるってこと自体、ほんと奇跡だったと思う。
稀にみるおもしろい出会い方をした人なので、
またこれから彼女との関係がどんな風に発展するか楽しみだ。
[PR]
by nattsu358 | 2004-09-27 23:13 | 今日のできごと

フィレンツェ徒然 その1

b0005864_15135100.jpg


ずいぶん夜遅く、フィレンツェに着いた。
アリタリアで成田から飛んで、ミラノ経由でおよそ16時間。
すごく遠いけど、近いといえば近い。
地球は丸くてちっちゃなプラネットなんだ、
と飛行機で遠い国へ行くたびに思ってしまう。

ミラノ空港でつまんだピザが胃に残っていておかしな感じ。

あらかじめ予約しておいた迎えの車で
グランド・ホテル・バリオーニへ向かった。
車窓から薄暗い夜の知らない町を眺めながら、
どんなところかな、と期待と不安が入り混じる。

ホテルは、インターネットでブッキングしたため、ちゃんと予約できているか
少し不安だったけれど、大丈夫だった。
しかも想像していたよりも良かった。母さんも安心そう。
母さんのために一応4つ星を選んだ甲斐があった。

翌朝、サンタ・マリア・ノッヴェラ教会の7時の鐘の音で目覚める。
窓を開けると冷たいきゅんとした空気が顔をすべった。
気持ちいい風だった。
着替えて朝食をとりに上階へ行くと、そこにはフィレンツェの街が
窓の外一面に広がっていた。

アレ ガ ドゥオーモ ダ!

なんて美しいんだろう。
私は昔からオレンジ色の屋根がすきですきでたまらない。
オレンジ色の屋根と青い澄み渡った空。
私がずっと見たかった景色を、
ぬるくて苦い朝のカプチーノを飲みながらゆっくり眺めた。

le 6 sept '04


※写真はでかいドゥオーモじゃありません

[PR]
by nattsu358 | 2004-09-27 01:50 | フィレンツェ

誰も見ていないから。


誰も見ていないから、かけることってたくさんある。
知っている人には誰にも教えてないこのページは
まさに自分にとって自由日記。
前に持っていたサイトは、私を知ってる人だらけで
かけないことがいっぱいあった。
だけど、この日記は誰にも秘密にしている。

今、デスクの上に飾ったばかりのサン・マルタン運河の
絵葉書を見ながらこれを書いている。
サンジェルマンの本屋で買った観光客向けのはがき。

いろんなことがあって、4年間、ずっと戻れないでいた
パリがあのまんま、あそこにあった。

時間を見つけて、つい数日前にパリで過ごした私のばかみたいに
ちっちゃな秘密をここに書いてみたい。
自分だけの過去に戻って歩いたパリについて。

[PR]
by nattsu358 | 2004-09-26 02:18 | 今日のできごと

自由が丘にて。


おーのー!
東京に戻ってきて3日目。
もう腰が痛くなってきた?!?!

ヨーロッパにいる間は、ぜんぜん痛くなかったのにな。
すごーーーーく不思議。

やっぱり私は向こうの空気、水が合っている。
すごくすごくそう思う。
また再確認の旅となった。
機会を見つけてはまた行かねば。

すごくすごくそう思う。
[PR]
by nattsu358 | 2004-09-26 01:15 | 今日のできごと