自由が丘・自由日記


気の向くまま、ひとりごと。
by nattsu358
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:自由が丘散歩( 44 )

ナポリのピザ

日曜日、子供服天国のわが町にて
娘の洋服をしこたま見ていたら
旦那さんから電話がきて、
洋服やさんまで迎えにきてくれた。

やっと買い物の鬼となっていた私は
急にお腹が空いてきて
外でなにか食べようということになった。

最近、ピーコックのある通りにできた
新しいピッツェリアを試すことに016.gif

お店に入るとカウンターが並んでいて
子連れの私たちは二階席へ通された。

まずは久しぶりにカンパリソーダを注文。
イタリア系に入るとつい頼みたくなってしまう。

前菜には自家製ピクルスと、その日のおススメだった
白インゲン豆とトリッパの煮込み。

ピッツァは、マルゲリータとモルタデッラを注文。

やっぱり石釜のピッツァが好きだ。
あつあつで、でっかくて、とてもおいしかった。
ぜんぶイタリアの味だった。

今度は、ランチを試したいな。
[PR]
by nattsu358 | 2008-10-20 21:50 | 自由が丘散歩

idee

青山のideeのカフェにはいくつもの想いでがあったわたし。

そんなideeが自由ヶ丘にオープンして
ちょっとうれしかった。


***

古い男友達のKが、離婚をするとかしないとか
いろいろ最近あったみたいで
突然、自由ヶ丘を訪ねてくれた。

とても天気のよい午後だったので、
どこか気持ちのよいカフェでもいきたいねってことになり
ideeカフェへ誘った。

でも三階のカフェは、わたしみたいな子連れのママで
溢れかえっていて、平日の午後とは思えないほど混みよう。
もちろん入るのはあきらめた。

自由ヶ丘には、思わず毎日通いたくなるような
カフェが見つからないままでいる。

こんど、もっと空いている日にいったら、
また昔みたいにideeでお茶が飲めるのかな。

窓越しからいつも遠くに東京タワーがみえていた
青山のあの店を想い出す。

これからブルーノートでライブを見るぞーと、気の合う友と
わくわくしながら、ちょっと軽食をつまんで
アペリティフを飲んだ日もあれば、
天気のよい日曜日、お気に入りのノートと本をもって
ひとりでお茶を飲んだ日もあった。

今の私は、あのときのカフェの使い方はぜんぜんちがってる。
いつも私の席の隣には、小さな相棒が横にちょこんと座っているから。
ひときれの果物のタルトは、小さな娘といつも半分こ。
昔みたいに、ゆっくりとお茶はできないけれど、
娘とのカフェタイムは、やっぱり毎日に欠かせない
幸福でいっぱいの甘い時間だ。
[PR]
by nattsu358 | 2008-06-01 15:47 | 自由が丘散歩

熱風

最近、自由が丘では、毎日熱風が吹いている。
たいてい午後になると、それは始まる。

夕方表に出ると、干していた洗濯物が、
ぱらぱらと庭の地面に落ちていて、
どれくらい強い風が吹いていたのかがわかる。

昨日はお隣の95歳のおばあさんが
家の洗濯ものを拾って
自転車のかごに入れておいてくれた。

お昼ごろ、駅まで友達を送りにいった帰り道、
まるで砂漠に吹く風のように、乾いていて、
恐ろしいくらいに熱い。

しばらく山の家で避暑していたので、
この暑さに異常さを感じてしまう。

エアコンは29度に設定している。
それでもずいぶん涼しい。

涼しい部屋のなかから、外に吹き荒れる熱風を眺める。

いつか前に、アジアのどこかで
こんな熱風に吹かれたことがあったような気もする。
でも、もう少し、匂いと温度が違った。
山の向こうから届いているような
もっと自然の、緑の香りを感じたはず。

そして、やっぱりこの風は気味が悪いな、と思う。
・・・どうか東京が砂漠になりませんように。
[PR]
by nattsu358 | 2007-08-22 17:04 | 自由が丘散歩

休日

気が付いたら、もう一年近くもこの日記帳をほったらかしにしていた。

育児に追われながら、ぼちぼち仕事をしているうちに
一番好きな「書く」ということをしなくなっている自分に気づく。

お子が生まれて、めっきり海外にも行かなくなった。
ここに記したいくつかの海外旅行日記をとても懐かしく思う。

次に行くのはどこなんだろう?

ハワイか。台湾か。
はたまたいつものバリ島か。

フランスも、イタリアも、今では遠いところとなってしまった。
やんちゃな娘を連れて、ヨーロッパまでの渡航なんて考えられない日々を送っている。

母親とは、自分のことは差し置いて、子供を育てる生き物なんだと思う。
私もご他聞にもれず、何よりもお子を優先させるように自然となった。
いつの間にか、自分の好きなことをできなくなることにストレスを感じなくなった。
私の中に生まれた自然な本能に沿って生きることが、とても楽だということを知るようになった。

***


今日は久しぶりに娘をだんなに預け、一人で自由が丘の街にでた。
最近一人で出かけるとき、バギーがない身軽さに違和感を感じることがある。
いつも歩くときはバギーを押しているから。

てくてく歩いて、いくつかのインテリアショップをのぞいたあと、
3年ぶりくらいに、セントクリストファーで紅茶を飲みたくなってふらっと入った。

ちょうど幸運にもバラの咲く庭を見渡せる窓際の席が空いていた。

アッサムとダージリンのブレンドティーにミルクをつけてもらい
庭園を眺めながら、一人ゆっくりと飲む。

外は夏の雨がしとしと振っていた。
いろんな種類のバラや草花が、雨水を吸って、生き生きと咲いているのが見える。
都会の中の小さな緑と草花に、心と身体がゆるんでいく。

なんにもしたくない。
ゆるゆるの、静かな時間。

ただボーっとバラを見る喜び。
熱いティーカップに時々手をのばす幸せ。
時々、めくるイングリッシュオールドローズの写真集。

こころと身体とたましいが、しんしんと休まっていく。
そんな静かでとろけそうな感覚を味わった。
[PR]
by nattsu358 | 2007-07-26 23:36 | 自由が丘散歩

yakitori


最近の自由が丘は、気のせいかもしれないけれど
夏よりも少しだけ、人の数が減ったような気がする。

この前、子連れである隠れた人気の焼き鳥やで
夕飯をいただいた。
お店の名前はあえて伏せておくことにして。

時間は、ほかのお客さんに迷惑のかからない
開店と同時くらいに入店。
計算どおり、お客は誰もいなかった。

少しずつ、串を頼んで、だけど急いで食べる状況。
なにせ子連れには向いていない雰囲気。
冷奴などを、娘に食べさせ、ご飯を食べさせ
やわらかくて質の良い、焼き鳥をちぎって食べさせ、
自分も口に放り込みながら、食べた。

ジューシーで上品な味の鶏料理の数々、
とってもおいしかった。

だけど最後、お茶を頼んだとき
なんと私の分、ひとつだけしか湯のみが運ばれてこなかった。

大人二人分のお茶も出せない
そのお店の心意気にがっかりした。
今の時代、まだこういう店ってあるんだね。

とてもおいしいのに、あまりブレイクしていない理由が
最後のお茶で、わかった気がした。
[PR]
by nattsu358 | 2006-09-26 20:52 | 自由が丘散歩

オーガニックベビー服 sence of wonder

今日、自由が丘をベビーカーで散策。
はじめはピーコックに行って
ベビー教室に通ってみようかと思い
レッスンを見にいったけれど
いまいちぴんとこなかった。ざんねん。

そのまま、パンやでコロッケパンを食べながら
片手でベビーカーを押してぶらぶらした。

娘を外で遊ばせたくなって
自由が丘公園なるところへ行き
砂場で遊ばせてみたけれど、あまり遊び方が強烈すぎて
すぐに退場してしまう。

気がつくと、町中soldだった。

よし!と思いついて、一番わたしが気に入っている
ベビー服のお店へ直行する。
sence of wonderというそのお店は
オーガニックの素材でできた、気持ちのいいお洋服だ。

今月の娘の1歳のバースデーに
かわいらしいワンピースを着せたいと思っていたから。
ずっと前からウィンドガラス越しに
目をつけていた、木苺柄のワンピを狙って!

お目当てのワンピ、ちょうど娘のサイズがひとつだけ残っていた。
いつもがらがらの店内は、びっくりするほど
赤ちゃん連れのママたちで満員。
どの赤ちゃんもすごくかわいくて、みとれてしまった。

そんななかで娘の初めての試着。
こんなときに限って、さっき私が食べていた
コロッケパンのコロッケのソースが
いったいいつ落ちたというのか、
娘のおしりのところについていて
まるで"何か”のようで、恥ずかしくなると同時に
お姉さんに「これはうん○ではありません!」と
言い訳したくなったが、やめておく。

わあわあといいながらも、うまく試着させることができ
鏡に映るわが子の姿を見て、しばし自己満足にひたる。
一目ぼれした甲斐があった。即、買った。

店員のお姉さんいわく、木苺はあまりとれないからって
言っていたけれど、もしかして木苺の天然の色で
染めたのかしら?
オーガニックだから、ぜんぶ自然の染料で染めるのかな。
もっとちゃんと説明を聞けばよかったな。
お子がいると、買い物をするだけで精一杯。
おかげで決断力は前よりついた気がするけれど。。。

次はどこでバースデーケーキを予約するか考えるのが楽しみ!
娘の分は、赤ちゃんでも食べられそうなケーキを私が作ろうかとも思案中だ。

大人が8人もいるので、かなり大きいのを用意しなくちゃならない。
個人的にはパリ・セヴェイユのケーキが自由が丘では一番好きだけど
普段買わないダロワイヨもおいしそうでいいかもしれないと思う。
だけどじいさんたちのことを考えると、モン・ブランのケーキとかが
いわゆる「ケーキ」らしくていいのかな。
それとも意表をついて和菓子か?
亀や万年堂か蜂の家で??

ああ~、甘くて幸せな悩み!
[PR]
by nattsu358 | 2006-07-03 16:12 | 自由が丘散歩

妻家房

この前、突然、韓国料理が食べたくなったので
お子を連れて、だんなと三人で
メルサの中の妻家房(さいかぼう)へ行った。

ベビーカーがあると、いけるお店が
限定されてしまうので
お店えらびはなかなか大変。

週末になると町中がざわめいて
みんなうきうき楽しそうにしているので
土日があんまり関係ない私たちも
その波につい便乗して外食したくなる。

店内はわりと広々としているので
ベビーカーの私たちにも優しかった。
1時間もいられなかったけど
おいしく石焼ビビンバを頂くことができました。

○妻家房(韓国料理)
http://www.saikabo.com/
[PR]
by nattsu358 | 2006-04-09 10:34 | 自由が丘散歩

イリス

さいきんはまっているもの。。。。
オーラソーマとドリーン博士のカードとグッズ。

チャクラ・クリアリング―天使のやすらぎ
ドリーン バーチュー Doreen Virtue 宇佐 和通 / メディアート出版
スコア選択:

オーラソーマ―奇跡のカラーヒーリング
ヴィッキー・ウォール 伊藤 アジータ / 和尚エンタープライズジャパン
ISBN : 4900612243
スコア選択:

自由ヶ丘のイリスは、お気に入りのお店。
行くたびにほしいものが出てきちゃう。

ひと昔前は、こういう精神世界系のグッズなんて必要ないと
想っていた私ですが、オーラソーマボトルや
オラクルカードなどを実際使うようになって
その効果をひしひしと感じています。

○自由ヶ丘 イリス(ヒーリングショップ) 
http://www.iris-shop.com/
[PR]
by nattsu358 | 2006-04-03 14:02 | 自由が丘散歩

自由が丘でバリ島の空を見る

今しがた、ベビーカーを押しながら
ブックファーストとキミサワに買い物にいってきた。

今日の自由が丘は、曇り。
夕方からは雨が降るらしく、気温は高め。
外は少し春めいた暖かさだった。

スーパーを出て踏み切りにつかまっているとき
ふと空を見上げたら、
バリ島の空にそっくりだった。
これから雨が降りますよ、って感じの
低い雲が早い速度で動いていた。

どうってことのない、よくありそうな空の色と雲なのに
なぜか遠い国の空の下にいる感覚に
なるときがある。

あるときは、耳がつんざくほどの冷たい空気に
つつまれた朝に、
突然パリにいる感覚にとらわれたり、
部屋のなかからざあざあぶりの雨を見ながら
ベトナムの町にたたずんでいるような
錯覚に陥る。
それらはどれもここに居ながら味わえる
小さな旅のような心地よい感じ。

     ***

少しでも春めいた季節になると
私はすぐにバリ島を思い出してしまう。
そんな朝は、起きて一番にバリの人たちが
祈りにつかっている香を炊き、
静かな音でガムランのCDをかける。

暖かくなると、すぐにバリ島へ想いを馳せるようになってから
もう10年以上になる。
毎回の滞在が長期にわたるので、
そんなに回数は行っていないのだが
暖かくなるとバリ島に流れている特有の空気が
なつかしくてたまらなくなるから不思議。

最後にバリ島を訪れたのは、一昨年の5月から6月にかけてだった。
テガラランのカフェで、変わらないライステラスの景色を
眺めながら、大好きなアボカドジュースをのみつつ
気に入った本を片手にめくりながら、ぼんやりと過ごした
あの夏休みが懐かしい。
子どもを身ごもる前の最後のバリだった。

次回のバリは子どもも一緒だ。
今、私の足元でちょろちょろしているこの子といくバリは
いったいどんなものになるのかな。

ぜひちっちゃな手をいっぱい汚しながら
バビグリンを食べさせたい・・・
と思う今日この頃であります。
[PR]
by nattsu358 | 2006-03-16 15:00 | 自由が丘散歩

キミサワ

自由ヶ丘に新しいスーパーマーケット「キミサワ」がオープンしてます。
HACドラッグの地下です。

全体的に、元クイーンズ伊勢丹より安価な商品が
陳列されていて、買い物しやすい。
クイーンズのまま、商品だけが入れ替わっているという感じでおもしろいです。

特にこれっていう特色はないけれど
家が近いので毎日いってます。
[PR]
by nattsu358 | 2006-01-16 12:38 | 自由が丘散歩